hazuma.jpg

代 表 理 事 弭間 亮(はずま りょう)

 日本の自然、歴史、文化伝統、人々の営みが好きで、小さな頃からそういったものに触れて育ちました。そして登山やスノーボードをはじめとした様々なアウトドア活動を続け、その中でマウンテンバイクと出会いました。

 

 マウンテンバイクは山のトレイル(細い道)を走る遊びです。山や自然を感じることができ、体力の限界に挑戦することもでき、何より山道というものは、必要に迫られてどこかとどこかを繋いだものですので、昔の人々の必死な営みを感じることができます。そしてその偉大さを感じた時にはたまらない気持ちになります。昔は人だけでなく馬や牛が行き来しました。今はその山道をルール、マナーを守って自転車で走る。これぞ日本を感じる最先端アウトドアスポーツだと思います。

 このマウンテンバイクは、山や自然、そしてそれらを活用して生きてこられた中山間地域の先人たちがあったからこそです。私はそこにしっかり関わらせていただくことで、持続可能なマウンテンバイク環境を実現し、その先行事例を日本全国に伝播させ、地方創生の一助になるとともに、日本の素晴らしき自然、歴史、文化、伝統を世界に誇り、日本のみなさまにも強いアイデンティティを持っていただければと思っております。

 我々はそれを本法人の事業によって実現します。

 日本の中山間地域を抜本的に改革することで人口減少社会にわずかながらのブレーキをかけるためにも、最先端アウトドアスポーツであるマウンテンバイクを中心とした本法人の活動がその突破口にならんことを目指しております。

 

 多くの皆様からのご支援とご協力に感謝申し上げます。誠にありがとうございます。

© 2020 一般社団法人 南アルプス山守人

logotoumei.png
愛好会透明.png